太陽光発電用蓄電池販売開始

ご愛顧ありがとうございます。

カームホームでは、6月25日より太陽光発電用蓄電池の設計施工販売を開始いたします。

2009年に余剰電力買取制度が始まってから今年で10年。
2019年度に固定価格買取が終了する太陽光発電ユーザーが約56万件ほどいるとみられ、2019年問題と呼ばれております。
今後も固定価格買取終了ユーザーは増え続け、2026年度には200万件を超すと予想されております。

あるメーカーの試算では、48円で売電されていた方の月平均売電収入は約11,200円、11年目以降は最悪の場合約1,870円まで落ちる計算になります。

また、月々の電気代も上昇しております。
震災以降、家庭向け電気料金(電灯料金)の平均単価は約25%も上昇しております。
さらにこれからは、消費税率のUP、再エネ賦課金のUP、原発廃炉費用の負担等により、ますますの値上げが考えられます。

『売ったら安い電気、買ったら高い電気』。
どうすればよいのでしょか。
今後の考え方は、発電した電気は『売る』のではなく『貯めて使う』が良いと思います。
また、いざという時は災害時の備えにもなります。

カームホームでは、『太陽光発電装置はあるが、蓄電池がない』というお客様のために太陽光発電用蓄電池の設計施工販売を開始致します。
『太陽光発電機のメーカーや型番が分からない』、『以前つけてくれた施工店がもうない』、『手続きが面倒くさい』など、ご心配な皆様。
ご安心ください。
全て、カームホームが解決いたします。
経験、知識が豊富な専門スタッフが、面倒な手続きから設計施工まで全て行います。

これから太陽光発電用蓄電池の需要は増えると思われます。
特に2019年問題が始まる11月以降は、一番ピークと思われます。
太陽光発電用蓄電池をお考えの皆様、ご予約はお早めに。

蓄電池だけではなく、太陽光発電システム自体も承っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です